ハンディライトに装着されているランプをバルブ、バーナーなどと呼びます。

【お知らせ】
紫外線強化バルブは一時的に在庫が無くなりますが、再開に向けて準備しています。お急ぎの場合にはお問い合わせください。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

1.紫外線強化バルブとは

左が通常6000K 右が紫外線強化バルブ
↑左:通常のバルブ 右:紫外線強化バルブ
特徴 特徴
・通常のバルブは、ガラスの外管によって有害な紫外線がカットされています。

・弊社で販売の紫外線強化バルブは、外管が無いため紫外線がそのまま放出されます。

・紫外線を好む昆虫採集専用の商品です。

特徴使用可能機種
・AZ50GAGA
・SL-3050
・AZ50SL
・バッテリーレス

2.紫外線強化バルブ6000K

紫外線強化バルブ6000K
紫外線強化バルブ6000K

灯火総研オリジナル第2弾
白っぽい光。

【セット品】
・紫外線強化バルブ6000K本体
・バルブ交換説明書

  照射比較

  ご注文フォーム

  お問い合わせ

送料無料
紫外線強化バルブ6000K 灯火総研価格 12,960円
(本体価格12,000円 消費税960円)
在庫3個以下 即納可能
在庫限りで販売終了

在庫は変動するため、ご注文時に完売の場合は申し訳ございません。

3.紫外線強化バルブ4300K

紫外線強化バルブ4300K
紫外線強化バルブ4300K
黄色っぽい光。

【セット品】
・紫外線強化バルブ4300K本体
・バルブ交換説明書

  照射比較

  ご注文フォーム

  お問い合わせ

送料無料

紫外線強化バルブ4300K 灯火総研価格 12,960円
(本体価格12,000円 消費税960円)
在庫有り 即納可能

ページトップへ

4.分光放射照度試験結果

2010年に東京都立産業技術研究センターにて、ノーマルバルブ6000Kと紫外線強化バルブ4300Kの紫外線測定を行いました。

【共通条件】
SL-3050を最狭角(スポット光)に設定し、測定基準面より5mの位置で50W照射
分光放射照度(250nm〜800nm)を測定

標準の6000K ノーマルバルブ6000K
標準の6000Kの分光放射照度試験結果


紫外線強化バルブ4300K 紫外線強化バルブ4300K
紫外線強化バルブ4300Kの分光放射照度試験結果

ページトップへ

5.比較画像

【比較画像1】
バルブ比較画像1
左:AZ50SL 50W 紫外線強化バルブ6000K スポット(最狭角)
中:SL-3050 50W 紫外線強化バルブ4300K スポット(最狭角)
右:SL-3050 50W 6000K スポット(最狭角)
【比較画像2】
バルブ比較画像2
左:AZ50SL 50W 紫外線強化バルブ6000K スポット(最狭角)
中:SL-3050 50W 紫外線強化バルブ4300K スポット(最狭角)
右:SL-3050 50W 6000K スポット(最狭角)

詳細な照射画像はこちら⇒ 照射比較5

6.注意事項

1 バルブ単体でご購入の場合、交換はお客様にて行っていただきます。
交換の際にはいくつかの注意点がございますが、交換説明書をお送りします。
2 通常の照射においても紫外線をカットするサングラスをおすすめしておりますが、紫外線強化バルブのご使用時には、強い紫外線から目を守るために必ず紫外線をカットするサングラスまたは、めがねなどをご使用ください。
3 通常のバルブや紫外線強化バルブを使用することによる目への悪影響、バルブ交換による故障や不具合につきまして、弊社では一切責任を持ちません。
お客様自身の責任においてご使用ください。
4 ガラス製品ですので、お取り扱いには十分注意してください。
5 バルブは消耗品のため、保証の対象外となります。
6 紫外線強化バルブを使った照射はノーマルバルブよりもライトのガラス面が曇りやすく、リフレクター(反射板)の焼けなど劣化が起こりやすくなります。
7 紫外線強化バルブの寿命は通常のバルブが約2000時間に対し、約500時間以下となります。
バルブをご購入の際には、上記を全て承諾されたものといたします。