1.はじまり


長年乗った自転車を買い替えることにしました。最初はママチャリと決めていましたが、「電気自転車にしたら、バッテリーがライトに使えるかも」と淡い期待を抱き始めました。

電気自転車のバッテリーは、そのままでは電気自転車にしか使えません。
何らかの形でライトに使えるよう、変換する機器が必要です。

そこで、みつけたのが『サイバシ02(9,504円税込)』です。
各自転車各メーカーのバッテリーをサイバシ02の上に置くと、「USB5V」と「DC24Vのシガーソケット」で使えるようにしてくれるスグレモノです。

自転車のバッテリーを置きます ヤマハ、ブリジストン、バナソニック
サイバシ02 メーカー切替スイッチ
USB シガーソケット シガープラグ差込み
USBが4つ シガーソケット1つ シガープラグを差込む

サイバシのホームページには、主要3メーカーの電気自転車バッテリーの適合表が掲載されています。全てのバッテリーが使えるわけでないので、事前の確認が必要です。

サイバシのホームページ⇒ターミナルさん

検討の結果、ヤマハPASのリチウムイオンバッテリー12.8Ahを搭載した電気自転車を購入しました。役者は揃ったけど、使えるのかどうか...

電気自転車が到着したら、すぐにバッテリーを満充電にして、DC連続点灯コネクター3m(シガーソケット)とSL3050(VR.3)とを接続してスイッチオン!まずは点いて一安心。

バッテリー充電中 お試し照射中


2.照射

照射時間の確認を行いました。

機種 シガーソケット3m 基板
ライト シガーソケット 基板
SL3050(VR.3) 50W 5時間54分 有り
BLAK-3050 50W 5時間54分 有り
アウトレットSL-3570 70W 4時間44分 無し


3.充電

電池残量ゼロから満充電までの時間と、ワットチェッカーを使って費用を確認しました。

回数 充電時間 電気代
1回目 3時間38分 8.51円 8.51円 8.74円
2回目 3時間39分 8.74円

4.設置

灯火採集に使用するには、防水・防虫対策が必要です。そこで、丁度良いサイズのケースがみつかりました。

『天馬のA4雑誌いれと庫(定価1,180円税込)』です。
詳細は天馬株式会社のサイトでご確認ください。⇒A4雑誌いれと庫

天馬のA4雑誌いれと庫

ケース内には、サイバシ02・自転車バッテリー・DC連続点灯コネクター3m(シガーソケット)が収まります。雑誌ストッパーがバッテリーのズレを防止します。フタがついていますので、簡易的に防水・防虫対策となります。

5.費用とまとめ


自転車を買わない場合の費用の目安は62,524円です。同じ型のバッテリーをお持ちでしたら、10,684円で約6時間の照射時間を確保できます。

ヤマハPASバッテリー X91-82110-20(定価41,040円 税込)
充電器 X92-8210C-00(定価10,800円 税込)
サイバシ02(9,504円税込)
A4雑誌いれと庫(定価1,180円税込)
----------------------------------------------------
合計 62,524円
50W 約6時間の照射で9円。
価格は2016年10月時点のものです。

使用環境、個体差、使用変更などにより、点灯しなかったり、掲載データと異なる場合があります。当ホームページの情報を利用することによって生じたあらゆる不利益や損害について、一切責任を持ちません。